FC2ブログ

FXの大海原に出航‥その先にあるのは‥DEADorALIVE?

今週の振り返り(3/26~3/30)

昨日は、ノートレで終了

今週は、
331_20120331080006.jpg
まず、
3/27日 のSの場面 ここは、の動き きちんとしたサインが出ていないのにS 2回目のSのように■とMA ローソク足(明星のような形+はらみ足)を確認しETが確実

3/29日 はSはいい場面で出来たがEXを躊躇し60PIPSとれた場面がありながらも5.1PIPSで終了した場面
で戻り下落をイメージしその考えがEXを遅らせてしまった。
このような場面では、1度EXし心をスクエアに戻し、更に下がる時はまたS ETがベストと考える。



☆ブログランキングに参加しています☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックよろしくお願いします!  

3/29結果!

航海日誌

LOより出航

パソコン立ち上げ時 エリア抜けし戻しており、他時間軸も全てSサイン、再度下落S
(C9的には、他軸のサインがきれいに出ていたので何故か気持ち悪いと言うか、逆に不安感みたいなものがあった)

エリア N値を意識で赤となるが次の足黒安値更新で保持し、129円台を意識したが上昇
Aライン上抜けで損切りを考えたが下落(Dの法則)し再度安値試し更新も129円手前で戻される。
(ここでは、が1時間のはらみ足となっている)

その後、サポラインと手前ネックラインで下落し再度129円台試すも失敗し(Bライン)2MAGC 雲上抜け
で諦めEX (最大で+60PIPSはあったが、+5PIPSとなる、不安感はこの事だったのか??)

+5.1PIPS 

☆ブログランキングに参加しています☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックよろしくお願いします!  
[ 2012/03/30 07:00 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

3/28結果!

航海日誌

LOより出航

1回の取引
JO高値更新出来ず、M確認 3MADC でS
エリア抜け 下点周期に注目 
下抜け後、131.500ライン注目(イルカちゃんの反発を確認)
下抜け後、毛抜き底 下点周期付近 イルカちゃんV でEX

+57.5PIPS 

☆ブログランキングに参加しています☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックよろしくお願いします! 

[ 2012/03/29 07:00 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

3/27結果!

航海日誌

LOより出航

2回の取引
21:25からのブレイクにはついていけず‥
1 気迷いにてSしたが、上昇し133.0上抜けで損切り -20.2PIPS

ここでL迷ったが出来ず、

2 今度は、1にならないように、黒気迷い→赤気迷い→黒 とのM MA割れ確認し再度S 
  上昇幅時間とそれまでの高値ライン 50%ライン 雲 黒気迷い 赤気迷い→赤気迷い→黒→赤 MAタッチでEX +31.6PIPS

+11.4PIPS 


☆ブログランキングに参加しています☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックよろしくお願いします! 
 
[ 2012/03/28 06:55 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

ブレイク時によくあるパターン

ブレイク時によくリバウンドし方向を示すパターンがあり、ダマシにかかってしまいやすいので気をつけたいパターンである。

から下抜け のチャンネルでもみ合い上2回 頭打ち 下3回目で下抜けし、ここでで動きを確認をした場合、がレジになって再度下落でSと考える。
この時、1時間足も完了しておらず、黒下ひげとなってはいないので雲下抜けを意識させる。

移行時には2MAGC では、4MAGC 雲抜けし、での動きがリバウンドしブレイクとなる。
1時間を良く見ると、MAGCをしているのがわかる、この場合1時間の雲の抜けを確認してからETが望ましいと言え、ブレイク時には、このリバウンドは注意しておきたいポイントの1つである。


☆ブログランキングに参加しています☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックよろしくお願いします! 
[ 2012/03/27 20:31 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3/26結果!

航海日誌

LOより出航
0326.gif
1回の取引
のWを確認エリアの抜け注目 上限で反発しL 赤ひげ→大陰線でEX

+28.5PIPS
※持ち越しのポジは朝OCO1 131.50  OCO2 131.13 指値注文し OCO2でEX +37.8PIPS 

☆ブログランキングに参加しております☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックよろしくお願いします!  
[ 2012/03/27 07:00 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

今週の振り返り

今週は22日のトレードが失敗でした。
325 2
大幅下落からのW抜け失敗 エリア抜けを注目し抜け確認しLも逆張り意識弱く下落 0%反転期待も虚しくEX
ですが、振り返って見ると下落示唆の場面で1時間もMAは下落しており戻り売りの場面。

『 明白なのは強気相場では強気筋、弱気相場では弱気筋になれということだ。 JL 』  

を踏まえ、来週は大きな流れに従ったETを実行


☆ブログランキング☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックお願いします! 

反転のポイント

今週の高値からの反転

5分波
 持ち合いからの急騰で、 30%~60%で推移 で高値を更新した場面

5分では、天井を試し上昇示唆の場面だが、(ラインで叩かれている。)
1時間では、黒線上ひげのはらみとなっており、では、上ひげの長い十字線となっており下落示唆 
4時間では、赤上ひげで弱気になっている。

 高値抜けず での2MADCも乖離幅を保ちサポライン割る 雲のねじれ

 ラインがレジ Bライン雲もレジ 3MADC 1時間足はらみ足下抜け

 高値前 持ち合い価格まで下落し 更にMADC からのイルカちゃんもDの法則に準じている 1時間足も MADC し 4時間足もMAにタッチしている。 

4時間では、包み足(赤ひげは包んでいないが、)1時間では、はらみ足 5分足では、Wトップとなっており、
各足を照らし合わせる事で方向性を確認が容易となってくる。


☆ブログランキング☆
      にほんブログ村 為替ブログへ
応援クリックお願いします! 
[ 2012/03/25 07:48 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3/26~3/30展望

航路展望


今週末、NYでは131.0上抜け試すも失敗し終了
来週は、131.0がサポ レジになるか?を意識しレジになり下落が進めば、130.0ライン 抜ければ129.349 129.096(129円ライン) 128.0ラインを注目

サポになれば、131.527 132.420 133.470 134.441 を注目

131.0でもみ合えば、132.0~129.439のレンジでの動きを意識してのトレードを実行


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/24 20:05 ] 航路展望(終了) | TB(0) | CM(0)

3/23結果!

航海日誌

NZより出航
5分波
1回の取引
最安値手前の波動の戻り20%~60% 最安値の戻り50%~80% でL目線 (ここで下げ5波完了)エリア下限130.50ラインでの動きでETを考え、150.50で一旦戻され反発でL

各Sライン(緑)と、エリア抜けと、時間軸(赤ライン)での動きを注目し、OCO 130.400 建値で保有中

結果 0




☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/24 08:58 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

1時間足のはらみ足+毛抜き底+5分反動率

はらみ足+毛抜き底(上昇途中 反転?押し目?の場面)

を踏まえ、
はらみ+毛抜き底
 雲上抜け出来ず黒ひげMADCし下落
 勢いをつけA手前安値更新 
 約 20%付近で推移

ここで、手間安値では、MA割るも押しMAGCで直後Lを考えがちだが、

Pは、エリアでの動き 足よりも イルカちゃんに注目(Wになっている。)では、MAGCし、に移行しここで、毛抜き底が完成

 下落するもエリア上限ではじかれ、推移幅も20%~50%に上昇
 ここでは、雲のねじれ 更にMADC 推移幅も上昇30%~90%と勢いを増し、エリアの特に、の高値(イルカちゃん=終値)にタッチ 
で更にMADCし G Hと下値の切り上がりを見せている。

F G では、1時間の雲抜けもしており、上昇の確実性を示す。

※ここでも、130.50 131.00でもみ合う値動きになっている。(130.50 131.00の法則)



☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/23 20:27 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3/22結果!

航海日誌

NZより出航
5分波
1回の取引
大幅下落からのW抜け失敗 エリア抜けを注目し抜け確認しLも逆張り意識弱く下落 0%反転期待も虚しくEX

-27.3PIPS 


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/23 07:00 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

1時間のかぶせ線と5分反動率

かぶせ線=高値圏から下落示唆

を踏まえ、
かぶせ線
最安値からの上昇100%~60%で推移(エリア)し間際で100上回るもで60下回り反発
で、3MAがGC 雲ねじれ→晴雲 A B Cと上昇率を上げていく場面
で上げ幅を広げ、更にMA上抜けしていく場面、で押し目か?と迷うが、Dでサポ割れ MADCもBの高値には支えられており、(Dの法則)D~Eに移行時赤下ひげをつけている。

が‥1時間ではかぶせ線が完成している。

その後、まで雲を絡ませ下落転換している。


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/22 20:00 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3/21結果!

航海日誌

LOから出航
5分波
2回の取引
1 Aエリアがらの抜けでETを考える 高値付ける前レンジ高値 133円ラインがあり注目し、上抜けでL RT値を、高値付近に想定 赤上ひげ 黒気迷いでEX +15.5PIPS

2 赤上ひげ 大陰線でS RT値 Aエリア値133円ライン レンジ高値 横軸Bエリアを想定し レンジ高値まで 黒が続き 同値赤(毛抜き底)で EX +32.3PIPS
(その後下がりましたが‥)

+47.8PIPS 


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/22 06:13 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

1時間の差込線と5分の反動率

差し込線=安値圏からの上昇示唆

を踏まえ、

差込線
下落継続の場面 Aエリア40%で推移から反発か?と見せかけてで1段下の場面
では、戻りをつけ更に下落 間近高値からの0%を更に下回り、ここまでは下落継続を思わせる。
 MAGCも、黒下ひげをつけ と同様を思わせる。

が‥ここで1時間差込線完成

 0%値に戻ると、反転し 雲抜け 3MAGC 
で押し目を作り、では、雲のねじれから手間の100%まで戻り、以降でその前の100%まで戻りを見せる。

でのLは難しいかも知れないが、この時イルカちゃんは、逆三尊を作っている。


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/21 20:00 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3/20結果!

航海日誌

NZから出航
0320 2
2回の取引
昨日に引き続きTZで急騰
1 Bエリアからの抜けに注目 雨雲に変化 下抜け上抜けの次の足黒反転 MADCで S
  
  RT Aエリアでの動き N値 の動きに注目し、黒三兵(中5本だが)包み足で EX +18.8PIPS

2 内でW確認 でドテン 

  RT Bエリア内 雲の動きに注目 大陽線からの下抜け イルカちゃん雲にはじかれ EX +5.8PIPS


+24.6PIPS


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/21 07:00 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

市場時間と価格の変化

市場時間でそれまでとは、違った動き(変化)をしてくるので、注視する必要がある事は言うまでもないが‥

実例を出してみると、
市場時間
で持ち合いから上昇を示唆しながら上ひげをつけ売りのお圧力からの下げ、
底を打ってから、エリア 30%  30%~50%  50%~70% の上昇からTZに入り60PIPSオーバーを1時間で見せており、LO でまた持ち合いとなっている。

ここからNY参入 NZに入ると市場参入者が最も多くなりまた違った動きを見せてくるので、市場時間の変化と、その市場時間の値幅は押えたいポイントとなる。

※このチャートの場合は、JOからの上昇は5波となっており、5波目にちょうどTZが重なっている事も後押しとなっていると考える。



☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/20 20:00 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3.20東京AMの結果!

航海日誌

5分波
1回の取引
A=同サイクル 
B=同値幅

エリアのブレイク確認(1時間のはらみ足になっている。)してからのETを考えていたが動かず、
Aのサイクルの中間まで安値をつけてから約40%で推移してから、60%で高値をつけて30~50%で推移して上昇でブレイク意識L目線でいたが、内でM(イルカちゃんで見た方がわかりやすい)とMADCでS

RTは、B同値幅を意識し、黒下ひげ 赤気迷い 赤下ひげで EX

※Mの時1回目の山が2回目の山よりも高値になっている。


+21.2PIPS 


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/20 13:35 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

3/19結果!

航海日誌

LOより出航
5分波
1回の取引
JOでは、あまり波も荒れる事なく推移していたが、TZ突入が近くなると約70PIPSの下落、一旦底をつき戻され、再度下落に向かうのを見ていました。(エリアの動き)

約30%の範囲での動きなので、安値更新でS目線でしたが反発しエリア上抜けでWボトム意識でLを考えたが、厚めの雨雲を抜けてを確認した方が安全と考え内の動きを注目し抜けた所でL

RTを132.17付近を目途に考えそこでの動きを注目,容易に抜けたので見送りし次の十字線、黒ひげでEX

今日は、WボトムからのL 定石通りのトレードとなる。

※そこから約20PIPS上昇したのでもう少し粘れば良かったか?


+38.8PIPS 


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/20 06:24 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

1時間の毛抜き底と5分の反動率

毛抜き底=安値圏から上昇示唆

を踏まえ、
毛抜き底
 下落から40%以下で推移(エリア内) 
 更に下落しCの半ばまで、同様40%以下で推移し下落示唆
 80%戻すが、雲とMAがレジ ここでは戻しのSだが、1時間足は毛抜き底完成
 0%下回らない
 雲の中に突入 ここではでの推移位置の約50%上を推移している
 一旦下げEを下回ったが、2MAGCしを上抜けしMAで弾みをつける
 3MAGCし上昇

エリア内を抜けると上昇に転換するがこの時にイルカちゃんも雲抜け MA抜けし上昇示唆している。

までははらみ足にもなっている。
の反動は、現在Bバンドは使っていないがエクスパンション時に結構見られるパターンでもある。



☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/19 08:20 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

1時間の毛抜き天井と5分の反動率

毛抜き天井=高値圏から反落を示唆

を踏まえ、
毛抜き天井
エリアからの上昇 安値から40%で推移
エリア内のCまでは、20%~80%でもみ合い

ここまでを見ると、の高値を下回っておらず、(Dの法則)からへの転換が4時間 までが4時間で=になっており、雲に支えられここで一段高になっていくように見える。

の境目には100%を上回り、いよいよ上昇を思わせる、(この時雲からの反発、雲晴れのまま、サポに支えられている、)
ここまでを、1時間で見ても赤下ひげとなっており、上昇示唆

だが、ではエリアにもどり、逆に下抜け (サポ 雲下抜け 2MADC)

ここで1時間での毛抜き天井完成

5分では、で上昇を見せるが抜けず(エリア内に収まる)雲では上ひげ連続

では、雲のねじれ 3MADC エリア下抜けし下落しその後 4MADCし下落となる。

5分では、の境目でLでダマシをくらいそうだが、での100%の戻りから反発がない事と、以降の方向付けが1時間と照らし合わせると容易になる。

※5分でのエリア内はソーサートップとなって下落となっている。


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/18 19:30 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3/19~23展望

今週は、先週値幅から約170%の上昇で終了

来週は?
0318.gif1時間波
まずは、の範囲の動きを。5分波で見ていくが、

来週も持続するような流れになると、135円も週末には視野に入ってくる動きとなり、その為には、月 火 位いには、133.520に到達し、安値も132円ラインがサポになって来るかと考えられる。

安値に関しては、131.247 130円ラインを意識し、下抜けは128.977 (129円ライン)までの範囲での流れを考えるが、到達するには、サポ(赤ライン) 晴雲を下抜けの必要があり、そこでの動きを注目。

今週の失敗を繰り返さないように逆張りは早めの決済を心がける。



☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!

[ 2012/03/18 07:10 ] 航路展望(終了) | TB(0) | CM(0)

1時間のはらみ足と5分の反動率

はらみ足=抜けきる方向に向かう

を踏まえ、
はらみ
5分足のA B C D が 1時間で見るとはらみ足になっている。
Aを100にすると、
B 20~50
C 20~70
D 70~100オーバー

その後 
Dの次の高値を100とし90(129.500 0の法則)~70で推移し129.500高値を抜けきる(この時Aの高値を下回っていない)

となっており、

B C Dは、それぞれ赤(陽線)で上昇幅を広げている

Cでは、雲を抜け 雨雲から晴雲に変化 MAの雲抜け GC とDでの Aの高値抜けを示唆している動きとなっている。

こうして1時間と照らし合わせると、Aからの方向性(底をついたか?下落に向かうか?)の見極めになると考える。

※Aでの最下値からもはらみ足となっている。



☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/17 12:40 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

3/16結果!

航海日誌

LOより出航
5分波
2回の取引
1S TZでの戻り売り 黒ひげ連続 MADC で逆張り RTは直下赤ライン 50%
   131.50(0の法則)雲 MA がサポし上昇
   間近高値意識しEX考えるが20PIPSの上昇し132円まで様子見
   132円ラインにがサポになり黒4つ出るも戻り弱く21:30米指標待ち
   指標時長い黒ひげ出るも MAにサポされ上昇 132円波抜けきりSP
   -45.5PIPS

一旦 帰航

2S NO出航 132円ラインがレジ DC 雲ねじれ
   131.80が意識され上昇し 建値でSP
   -2.9PIPS 

-48.4PIPS 


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/17 05:57 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

3.15結果!

航海日誌


LOより出航

3回の取引
1、S 各MA DC 波 雨雲に戻される 間近高値更新出来ず 9 20下抜け(MA9 20 60 240 揃う)
※各は、ポジった後意識しているゾーン
内 青ライン(0の法則)抜け と 雲上抜けを注目 下値更新戻り で1/2EX 更に更新の戻りで残 EX

2、S 青ライン 雨雲 60MA 黒ひげ 9MA GC→DC
内 安値ライン 反動率30~50%を注目 安値 反発 黒→赤 でEX

3、L Wボトム 安値ライン上抜け(内戻り)
内 X範囲での価格の位置を意識→上抜けし次の内での動きによりEX考えるが、Aラインで頭打ちとなり、上ひげの連続し、赤→黒でEX

※昨日からのポジは建値決済。


+92.3PIPS 


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/16 07:02 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

3/14日結果!

TZより出航
0315.jpg
1回の取引
急上昇の後 黒二本目でS下がスベリ、その後の黒でS その後上がったので と次の黒から5本目を意識し価格を下抜けし、を注目 その後高値更新し、のチャンネル上抜けでSPを考えたが、横抜け
131円は抜けきれず( 0の法則)レンジの動きとなり、現在 保有中


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/15 07:12 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

3/13結果!

航海日誌

NZより出航

2回の取引
1、からの抜けでL 毛抜き天井で 1/2をEX 範囲40%~70%推移し上抜け 赤ひげの次黒ひげ確認 X=X イルカちゃん横ばいし EX

2、下落 雲下抜け S意識 雲下限+間近安値 レ上昇率高 毛抜き確認で L Mの法則→黒ひげでEX

+45.5PIPS 


☆ブログランキング☆

応援クリックお願いします!
[ 2012/03/14 07:16 ] 航海日誌 | TB(0) | CM(0)

Mの法則

『Mの法則』

5分波
Mの法則
Aからの下波→もみ合い→上波時のRT値のPの考え方
 
B■以降 雲抜け 晴雲に好転 イルカちゃん雲抜けでRT値を探る1つの目安 
Bを起点と考え A B を反転 A=B=Cとし RTとする。

この場合、ABの下波よりもBCの上波の上昇率が強いためA値より上げたがA値を挟んだ動きになっている。

※途中980MAを抜け、4つのMAがGCになったいるが、ここで崩れた場合や、この他レジになるものがあった場合はそこで、EXを考えるかもしくは建値付近まで様子見
 
『Mが映し出す道標を見極め進め!』
[ 2012/03/13 00:02 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

反動率(波動)手法のきっかけ

きっかけとなったもとは、はらみ足(線)

これについては、書籍などで結構取り上げられておる形で、1本目に次の足が包まれる。
下値圏で陰 陽ならばL 高値圏ならば逆が定石 包まれる足が多い程抜けた場合勢いがつくとされる。
だが、どの足で作用するのか? 
はらみ足(線)

図でのケースは1時間足で上値ブレイクだが2本目を時間軸を変えると、下落を意識させる。
他、1時間足のブレイクは6時間後となり、実際にはそこまで待つ時間もない
など考えているうちに、この動きを線(波動)で捉えると?これを5分足に置き換えると?
など考えているうちに、このようなトレードを行うようになる。

トレンド中でも押し目や戻りを作って行くので、雲やMA、各法則などと組み合わせて実践している。

単純と言えばそれまでなのだが結果は、航海日誌を見てね!
[ 2012/03/13 00:01 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)

反動率 航海術

『反動率 航海術』


海図5分波
反動率
Pは、A B C

A=S
  高波 低波の戻り 60~70%
  雲 S2に赤ひげ黒ひげ
  MA DC
  Mの法則 高波=低波=高波
  イルカちゃん 下降

  RT
  1、0値 240MAの足 黒のみ 見送り
  2、Nの法則 N値 勢い増す 見送り
    ※ 1.2ともイルカちゃん 下降のみ
  3、Nの法則 E値 Bでもみ合い MA 平行 波W で EX

B=L
   W抜け MAGC 反転狙い
   
  RT 
  1、60MA→雲→240MAでの動き
    Mの法則 A高波=B低波=C地点までの動きで判断
 ※ イルカちゃん Dの法則で雲上抜け 
   C到達 
    240MAの反応=D
    9MA=S2に戻される
    大陰線 出現 で EX

『高低の波を眺め、時の風に吹かれ、流れを知れ!』

    
  
[ 2012/03/13 00:01 ] 航海術 等 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
波情報
FX経済指標
検索フォーム